1. HOME
  2. 催事
  3. 夏季特別展「形をうつす」―文化財資料の新たな活用―

準備中

夏季特別展「形をうつす」―文化財資料の新たな活用―

夏季特別展

「形をうつす」―文化財資料の新たな活用―

日時

6月1日(火)~7月4日(日)

会場

博物館 企画展示室

内容

新十日町市博物館のオープン1周年を記念して、夏季特別展「形をうつす―文化財資料の新たな活用―」を開催します。博物館では、東京国立博物館との共同研究により、国宝・火焔型土器(指定番号1)と王冠型土器(指定番号15)の高精細複製品(陶製)を製作し、新館常設展示室で「触れることのできる国宝」として活用しています。

特別展では、三次元計測データを利用して製作された高精細複製品と実物資料(一部)を展示し、文化財資料の新たな活用方法を紹介します。日本で一番有名な土偶、重要文化財「遮光器土偶」(東京国立博物館所蔵)と国宝「火焔型土器」が国内で初競演するほか、国宝に指定されている縄文時代の土偶5点の複製品も勢ぞろいします。

記念イベント

日時 6月20日(日)11:00~16:00
講師 大塚オーミ陶業 株式会社 信楽工場の皆さん
会場 博物館 体験学習室ほか
内容 ①製作実演「現代の技術で生み出す国宝・火焔型土器」 
11:00~12:00
※自由見学(無料)
②DOKI DOKI ワークショップ
「オンリーワンの火焔型土器突起をつくろう!」 
14:00~16:00
※要事前申込み(小学生対象、先着15名、無料)