1. HOME
  2. アーカイブズ
  3. 野首遺跡出土品

野首遺跡出土品

十日町市に所在する縄文時代中期・後期の大規模集落からの出土品です。土器は、遺存状態が良好な優品が多く、火焔型土器など、地域的特徴と変遷が分かります。石器には、50Km以上も離れた地域の石材が使われており、信濃川を介した人々の往来や物資の交換が推定されます。信濃川流域における縄文時代中期~後期の遺跡の様相を良く示すとともに、他地域との交流が明らかにできるなど、学術的価値が高いです。

  1. 種別 考古資料
  2. 名称 野首遺跡出土品
  3. 員数 1,290点
  4. 記号・番号 考・第52号
  5. 所在地 十日町市西本町1丁目448番地9
  6. 所有者 十日町市教育委員会
  7. 指定日 令和2(2020)年3月27日

中期の土器

打製・磨製石斧

石鏃

後期の土器

石匙

石皿・磨石類

土偶

土製耳飾