1. HOME
  2. ブログ
  3. 笹山日記
  4. 第13次発掘調査が始まりました

第13次発掘調査が始まりました

調査員の阿部です。

笹山遺跡の発掘調査が始まりました。
第13次調査です。

出土品が国宝に指定されたのは第1~7次本調査の分でした。
その後、第1~3次の確認調査を挟んで、第8~10次本調査で新たな住居跡を発見して、土器からはマメの圧痕を見つけたりしました。
ここまでは報告書が出たり、文章化されたりしています。

11次調査では縄文集落の北西の限界域を掘り、12次調査では場所を変えて中世の建物跡を調査しました。
で、13次調査は、12次調査と同じ場所の下の層、縄文時代を発掘することになります。

油圧ショベルを使って、昨年埋め戻した土とたぶん何もない土とを掘り上げまして、縄文時代の地層を露出させました。
若干押し気味に露出させたいのですが、遺構の石っぽいのがひっかかったので、結局少し上で止めておきました。
土器や石器が少し出ており、やっぱりといいますか、これからたくさん出るんだろうな~という予感がします。慣れたことですが、やっぱり最初はちょっとワクワクします。

明日明後日と環境整備をして、土曜日には「みんなで掘る笹山遺跡」を実施します。久しぶりです。
調査区が小さいので参加者少なめですが、こんなときですからちょうどいいのかもしれません。

皆さん、心よりお待ちしております。

調査員