Tokamachi City Museum

Japanese
Site Map
Inquiries

新着情報|十日町市博物館

HOME > 新着情報
夏休み親子たんけん隊 いきなり!縄文キャンプ
国宝・火焔型土器の笹山遺跡で縄文人生活の1日体験を行います。竪穴住居に寝泊まりしながら、縄文的な食事作り、道具作り、夜の周辺散策など、てんこ盛り。夏休みの思い出に!

■会期
2018年7月28日(土曜日)14時〜29日(日曜日)12時

■会場
笹山遺跡広場(新潟県十日町市中条3081番)

■内容
食器作り、夕食(土器鍋・BBQ)作り、夜の周辺散策、復元竪穴住居での就寝、朝食作り、勾玉作り

*都合により予告なく変更する場合があります。
*トイレ、水道は敷地内の笹山縄文館にありますのでご利用ください。
*季節柄、たいへん暑くなることが予想されますので、熱中症などには十分にご注意ください。

■対象・定員
子どもとその保護者・計12名

■持ち物
寝袋、長袖(火を扱う際の危険防止のため)、帽子、水筒

*敷物、調理器具、食器、食材、道具製作資材は主催者側で用意します。参加者ご自身が必要と思われるものの持ち込みは特に制限しませんが、他の参加者様のご迷惑にならないようご配慮ください。

■料金
1人あたり1,000円

■参加申込
事前申し込みが必要です。下記まで参加者氏名、住所、電話番号をご連絡ください。

申込先:十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課
TEL:025-757-5531 E-mail:museum.10@city.tokamachi.lg.jp

申込期間:2018年6月28日(木曜日)〜7月21日(日曜日)

*定員に達し次第締切ります。

■運営
伊乎乃の里・縄文サポートクラブ

■笹山縄文カレッジチラシ
下記よりダウンロードしてください。

(2018年06月21日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
笹山縄文カレッジ 古代糸作り
カラムシとアカソを使って昔ながらの糸作りを行います。出来上がった糸に土偶チャームをつけてお持ち帰りできます。

■日時
平成30年7月22日(日曜日)
午前9時30分〜午後3時

■会場
笹山縄文館・駐車場

■講師
伊乎乃の里・縄文サポートクラブ(金子和宏 氏)

■対象・定員
小学生以上・10名

■料金
200円(材料費)

■予約
7月15日(日)までに下記までご連絡ください。定員に達し次第締め切ります。

 十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課
 電話:025-757-5531
 E-mail:museum.10@city.tokamachi.lg.jp

(2018年06月18日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
博物館講座 郷土の遺産VII 信濃川
郷土の遺産シリーズのパート7として、博物館の展示テーマ「雪と織物と信濃川」のひとつである「信濃川」について学びます。

【第1回】
■日時 平成30年6月9日(土曜日) 午後1時30分〜3時
■演題 「信濃川と旧石器・縄文人の関わりについて」
■講師 佐藤 信之 氏(津南町農と縄文の体験実習館なじょもん)

【第2回】
■日時 平成30年6月16日(土曜日) 午後1時30分〜3時
■演題 「信濃川の河岸段丘 ―変動する大地の証拠―」
■講師 竹之内 耕 氏 (フォッサマグナミュージアム)

【第3回】
■日時 平成30年6月23日(土曜日) 午後1時30分〜3時
■演題「信濃川の木造船について」
■講師 森 行人 氏 (みなとぴあ 新潟市歴史博物館)

【会場】十日町市博物館2階 集会室
【定員】各回40名 (事前の申込みが必要。先着順、受講料不要)
【申込み】電話、ファックス、電子メールのいずれかで、住所、氏名、電話番号を下記までご連絡
ください。

【問合せ】
 〒948-0072 十日町市西本町1丁目382番地1 十日町市博物館
 電話:025-757-5531
 ファックス:025-757-6998
 電子メール:museum.10@city.tokamachi.lg.jp

【案内チラシ】
下記よりダウンロードしてください。

(2018年06月01日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
HAKKAKE展示 威信の石槍 -向田遺跡出土品-
昭和30年代に旧・中里村(現・十日町市)の上山から1点の石槍が発見されました。紀元前14,000年頃の縄文人の石器です。長い年月を経てなお全く破損がなかったことは奇跡というほかありません。

打ち欠きだけで大形かつ薄く仕上げた石槍は、それを持つ人物の威信(誇り、尊厳、権威)を象徴します。この石槍をもった人物がどのような人物だったのか、想像を掻き立てられます。

新潟県内でこれほどの逸品はほとんどないでしょう。ぜひご覧ください。

■日時
平成30年5月30日(水曜日)〜平成30年8月6日(月曜日)
午前9時〜午後5時
   
■場所
十日町市市民交流センター「分じろう」1階
文化歴史コーナーHAKKAKE(はっかけ)

 住所:新潟県十日町市本町2丁目226-1

 *十日町市博物館ではありませんのでご注意ください

■展示物
・向田遺跡出土品(十日町市博物館所蔵)
・解説パネル

■観覧料
無料

(2018年05月28日)



▲このページのTOPへ
十日町のきもの歴史展
「きものの匂ふ街 十日町きもの月間2018」との連動企画として、博物館外(十じろう)と博物館に歴史的価値の高い着物を展示します。

■日時
@平成30年5月3日(木曜日・祝日)午前10時〜午後3時
A平成30年5月8日(火曜日)〜27日(日曜日)

■会場
@十日町市市民活動センター「十じろう」(本町3丁目) ギャラリー
A十日町市博物館 2階特別展示室

■内容
・十日町の織物の歴史をたどる15点程度の着物
(越後縮、透綾織、明石ちぢみ、黒絵羽織、マジョリカお召等)
・十日町の縮問屋関連資料等

□主催:十日町市博物館
□協力:十日町きものまつり実行委員会 十日町織物工業協同組合

(2018年05月02日)



▲このページのTOPへ
第19回笹山じょうもん市2018
共生と平和の心を世界へ!

■日時
平成30年6月3日(日)午前9時30分〜午後2時

■場所
笹山遺跡広場・笹山縄文館
(新潟県十日町市中条乙3081番ほか)

■内容
<体験>
竪穴住居(復元)で縄文の火とくらしを体験
アクセサリー作り
弓矢作り
土偶消しゴム作り
アンギン編み
縄文ファッション着替え
ダンス

<会場イベント>
笹山遺跡出土土器展示(笹山縄文館3階)
ささやまムラ クイズラリー(笹山縄文館3階で受付。参加賞・全問正解賞・特別賞それぞれに景品あり。)
縄文占い
絵合わせゲーム

<おいしく楽しい縄文横丁>
17町内ほかの屋台村


【ステージイベント・タイムスケジュール】

〇午前 9:30〜
縄文練り歩き
中条大の坂(舞踊)
天神ばやし
吹奏楽(中条中学校)
雄叫び大声コンテスト
歌のステージ(中条小学校)
葦木啓夏(あしきひろか)さんのステージ

〇午後 12:30〜
笹山縄文太鼓
踊り「風のこころ」
縄文連携地域の友好アピール
フィナーレ

※予告なく変更する場合があります。


◇主催 笹山じょうもん市実行委員会
◇共催 十日町市
◇協賛 大井田地区振興会、新座地区振興会、飛渡地区振興会
◇後援 新潟県十日町地域振興局、新潟日報社、十日町新聞社、十日町タイムス社、(有)妻有新聞社、エフエムとおかまち、信濃川火焔街道連携協議会

【お問合せ】
NPO笹山縄文の里
電話025-761-7332(笹山縄文館内)

(2018年04月28日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
笹山縄文カレッジ 土器片クッキー作り
笹山遺跡出土の本物の土器片をモデルにして、本当に食べられそうなくらいソックリなクッキーを作ります。もちろんお好みの形のクッキーも作れます。

■日時
平成30年5月20日(日曜日)午前10時〜正午

■場所
笹山縄文館(十日町市中条乙3081番2)3階

■材料費
300円

■対象・定員
どなたでも(未就学時は保護者同伴)・10名

■参加方法
事前予約が必要です。下記までお申し込みください。(先着順。定員に達し次第締め切り。)

 十日町市教育委員会
 事務局文化スポーツ部文化財課
 電話:025-757-5531(博物館共用)
  
 ●締切
 平成30年5月18日(金曜日)
 *チラシ(下記URL)では1週間前までとなっていますが、変更しました。

■講師
阿部智美さん(いおサポ会員)

□運営 伊乎乃の里・縄文サポートクラブ(いおサポ)

(2018年04月27日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
HAKKAKE展示 茂十郎の透綾
宮本茂十郎は江戸時代の後期に他所から十日町に来て、わずか2年余りの間に高機と透綾の技術をもたらしたと云われている人物です。このことが後に十日町が絹織物産地として発展する出発点となったといわれています。

茂十郎はその来歴等に諸説あり謎の多い人物ですが、自ら織ったと伝えられる透綾(すきや)の裂地(きれじ)を貼った雛型帳(ひながたちょう)が存在します。

会期の前半は茂十郎の裂地が貼られた2ページのうち1ページ目を、後半は同じく2ページ目を展示します。

茂十郎が関わった現存する唯一の資料をぜひご覧ください。

■日時
【前半期】1ページ目
平成30年3月28日(水曜日)〜平成30年5月2日(水曜日)
午前9時〜午後5時

【後半期】2ページ目
平成30年5月4日(金曜日)〜平成30年5月28日(月曜日)
午前9時〜午後5時
   
■場所
十日町市市民交流センター「分じろう」1階
文化歴史コーナーHAKKAKE(はっかけ)

 住所:新潟県十日町市本町2丁目226-1

 *十日町市博物館ではありませんのでご注意ください

■展示物
・宮本茂十郎手織の透綾(絹縮)裂地(十日町織物工業協同組合所有、十日町市博物館保管)
・解説パネル

■観覧料
無料

(2018年03月17日)



▲このページのTOPへ
「十日町市歴史文化基本構想」策定記念講演会
十日町市ではこのたび、文化財を総合的に保存・活用していくためのマスタープランとなる「十日町市歴史文化基本構想」を策定しました。
文化財は、この地に住み継いできた先人たちが遺した歴史や文化の証です。地域の歴史や文化について理解することはふるさとに誇りをもち、地域の魅力を高めて活性化することにもつながります。あなたの身近にある「地域の財(たから)」に目を向けてみませんか?

■日時
平成30年3月14日(水曜日) 午後6時00分 開演(午後5時30分 開場)

■会場
越後妻有文化ホール 段十ろう
(住所:十日町市本町一丁目上508番地2 電話:025-757-5011)

■演題
「私が見た地域活性化 〜小さな旅から見えたもの〜」

□講師
国井 雅比古 (くにい-まさひこ)  (元NHKエグゼクティブアナウンサー)

昭和24年(1949)年2月7日 山梨県生まれ(69歳) 東京大学文学部卒。都留文科大学特任教授。NPO法人日本トレッキング協会会長。昭和48(1973)NHK入局。富山・旭川・東京・名古屋に勤務後、平成10年(1998)から東京アナウンス室に所属。NHKエグゼクティブアナウンサーを経て、現在はフリー のアナウンサーとして活躍。これまで「ぐるっと海道3万キロ」「日曜美術館」「食卓の王様」「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」「小さな旅」「おーい日本」など数々の人気番組を担当。

■定員及び申込み方法

□定員
先着700人(入場無料)

□申込み・問合せ先
十日町市教育委員会文化スポーツ部文化財課(十日町市博物館内)まで、住所(行政区・町内名)、氏名に参加人数を添えて、電話・ファックス・E−mailのいずれかでお申し込みください。

電話:025-757-5531
ファックス:025-757-6998
E-mail:museum.10@city.tokamachi.lg.jp

□申込み締切
平成30年3月9日(金曜日)

□講演会チラシ
下記PDFをダウンロードしてください。

◆主催
十日町市・十日町市教育委員会

◆後援
十日町商工会議所・新潟日報社・十日町新聞社・十日町タイムス社・妻有新聞社・東頸新聞社・FMとおかまち・十日町市博物館友の会

(2018年02月24日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
HAKKAKE展示 カンジキ・スカリ - 十日町の積雪期用具
十日町伝統の積雪期用具「カンジキ」と「スカリ」を展示します。
ともに積雪のある地域に欠かせない歩行用具です。スカリは特に雪深い地域で使われる大型のカンジキで、先端に付けた縄を手で引き上げながら歩きます。公的な除雪が行われる前、集落ごとに当番を決めて幹線道路の「道踏み」を行う際に大活躍したアイテムです。

「カンジキは夕顔棚の下でツベェルものだ」

当地方で言いならわされたこの言葉をご存知でしょうか?今回の展示ではその意味も解説します。是非ご覧ください。

■日時
平成30年1月31日(水曜日)〜平成30年3月26日(月曜日)
午前9時〜午後5時
   
■場所
十日町市市民交流センター「分じろう」1階
文化歴史コーナーHAKKAKE(はっかけ)

 住所:新潟県十日町市本町2丁目226-1

 *十日町市博物館ではありませんのでご注意ください

■展示物
・カンジキとスカリ(十日町市博物館所蔵)
・昔の使用風景
・解説パネル

■観覧料
無料

(2018年01月23日)



▲このページのTOPへ