Tokamachi City Museum

Japanese
Site Map
Inquiries

笹山日記|十日町市教育委員会

HOME > 笹山日記
笹山日記

2019年03月 (3) 

2019年02月 (3) 

2019年01月 (2) 

2018年12月 (2) 

2018年11月 (1) 

2018年10月 (18) 

2018年09月 (10) 

2018年08月 (13) 

2018年07月 (15) 

2018年06月 (13) 

2018年05月 (2) 

2018年04月 (2) 

2018年03月 (2) 

2018年02月 (4) 

2018年01月 (3) 

2017年12月 (5) 

2017年11月 (4) 

2017年10月 (5) 

2017年09月 (4) 

2017年08月 (4) 

2017年07月 (4) 

2017年06月 (10) 

2017年05月 (3) 

2017年04月 (3) 

2017年03月 (5) 

2017年02月 (11) 

2017年01月 (5) 

2016年12月 (5) 

2016年11月 (8) 

2016年10月 (4) 

2016年09月 (6) 

2016年08月 (9) 

2016年07月 (6) 

2016年06月 (8) 

2016年05月 (5) 

2016年04月 (7) 

2016年03月 (25) 

2016年02月 (25) 

2016年01月 (21) 

2015年12月 (20) 

2015年11月 (20) 

2015年10月 (22) 

2015年09月 (20) 

2015年08月 (21) 

2015年07月 (20) 

2015年06月 (18) 

2015年05月 (16) 

2015年04月 (21) 

2015年03月 (27) 

2015年02月 (22) 

2015年01月 (22) 

2014年12月 (20) 

2014年11月 (22) 

2014年10月 (23) 

2014年09月 (23) 

2014年08月 (22) 

2014年07月 (24) 

2014年06月 (24) 

2014年05月 (22) 

2014年04月 (22) 

2014年03月 (24) 

2014年02月 (23) 

2014年01月 (19) 

2013年12月 (20) 

2013年11月 (12) 

2013年10月 (25) 

2013年09月 (16) 

2013年08月 (6) 

2013年07月 (12) 

2013年06月 (8) 

2013年05月 (1) 

探し物はなんですか
探していたものがやっと見つかりました。

決して見つけにくいものではなかったのに、カバンの中にも机の下にもナカナカ見つからなかったもの。

 野帳

フィールド・ワークをする分野には必ずあると思います。考古学的な発掘でも同様です。よく売っている、緑の表紙のアレ。

これがみつからなかったんです。無くすものでもないのでどこかにあるはず、と思って探してみても見つからない・・・おかしい。

昨年の発掘の詳細をいろいろ書き留めており、今後の中で絶対に必要な情報が満載です。科学の世界なら実験ノートみたいなもので、これがなかったら発掘の信頼性に関わります。スタンプ形石器ならあります!

で、しばらくぶりに発見しました。どこにあったかというと、「標準土色帖」に挟まってたのです。

 ここか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

土色帖というのは、記録する土壌の色のサンプルがプリントされた本のことです。「帖」なんて漢字、忍法帖くらいでしか使わないかもしれませんが、発掘現場では大変な優れものです。いつも野帳とセットで使っているので、挟まっていたのはそのせいなのでしょう。

いや、見つかってよかった。本当に。「ここ探したけどなー」なんて思いつつも同じ辺りを何度も探した甲斐がありました。

これでももう今日の仕事は終わりにしたい、そう思えるくらいの達成感です。あまりの達成感に一人で小躍りして夢の中に行っていたためか、写真を撮り忘れました。

調査員

(2019年03月28日)

▲このページのTOPへ
大羽昭仁氏講演会終わりました
大羽さんの講演会を3月15日に開催しました。

定員を超えて約60名と盛況でした。広報はやや控えめでしたが、この数。皆さんの関心の高さが伺えます。

大羽さんによると、これから観光は体験型に比重が移るとのこと。

観光資源そのものの多様さに加えて、体験の仕方に多様さが求められることになるでしょうから、これからどんどんいろんなものが出てくるだろうと思います。

面白くなりそうです。

縄文はどうなるのか、笹山はどうするのか。これからに期待です。

大羽さんありがとうございました。


調査員

(2019年03月18日)

▲このページのTOPへ
第11回つまり市民里山学会
いおサポ(伊乎乃の里・縄文サポートクラブ)代表の阿部美記子さんが「つまり市民里山学会」で発表される予定だったので、聴きに行ってきました。

いおサポさんの取組みと文化財課からの委託事業の紹介がありました。いおサポさんは、縄文文化を利用して人と人との交流を促進し、地域の振興を図ることを目的としているとのことです。「これからどういう方向性で続けていくのか」というキョロロの学芸員さんの質問に「わからない。会員が充実するようにしたい。」とお答えされていました。ボランティア団体を運営していくというのはきっと簡単ではないのでしょう。

小荒戸集落の里山を紹介する冊子を作られた早川知子さんの発表では、素敵な感じの漂う冊子のナカミが紹介されました。「里山環境は存続の危機に陥っている」とのことで、「里山の記憶を掘り起こし、「里山文化」の継承を促す試みをする」ために冊子を作ったそうです。

「温故知新」とよく言います。

縄文文化も里山文化も自然生態系との密接な関係のもとに構築されていましたが、いまや過去のもの、あるいは過去になりつつあるものです。過去と現在とを取り結ぶ様々な取り組みの傍で、その当時の状況を詳細に振り返り、移り変わってきた理由を考えることが、今後向かうべき方向を決めていく上で大切なのではないか、と思いました。

調査員

(2019年03月03日)

▲このページのTOPへ
国宝・火焔型土器No.1の出土地点
みなさんこんにちは火曜日のお昼さがり、いかがお過ごしでしょうか。

お昼ご飯を食べすぎたせいで血液が胃袋に集合し、眠くて眠くて仕方ないので、ついネットニュースで目を覚まそうとブラウザを開いた瞬間に嫌味な上司が「ふっ」と鼻を鳴らして後を通りがかったりしてはいらっしゃらないことを祈っています。

さて、この笹山日記では、お客様からの数ある質問の中でメジャーなものをセレクトし、ごくまれに紹介したりしています。

今回ご紹介するのはコレ!


「国宝の火焔型土器はどこから出たんですか。」


国宝はどこから。本当によく聞かれることなんですが、まずはこうお答えしなければいけません。

「国宝の火焔型土器は14点あるので全部を記憶していないのですが、一番有名な指定番号1番でよろしいですか。」

質問に質問で答えるとテストは0点だと言ったのは誰だったか忘れましたが、それでいくなら僕はだいたいいつも0点です。疑問を糧に生きています。

しかし、もちろん0点のままでは終わりません。加えてこうお答えします。

「No.1はあの赤い農業小屋のちょっと手前くらいです。いまは道路です。」

この情報は、もちろん測量図面に基づいてお話しています。その場所というのは、上の画像で真ん中、「○」に「>」がついたマークのある場所を中心とする、4m×4mの範囲に相当します。おおよそです。いま改めて見てみるとマンホールらしきものの蓋が見えますね、ジャストミートないい目印です。

解答の点数はこれで90点くらいです。僭越ながら再調査および発掘調査報告書の担当者が間違えなどしたら、それはその調査の測量全部が間違っていると思ってもいいと思います。僕の、というか調査部局の沽券に関わります。なお、あとの10点は、その4m・4mの四角を方位を合わせて道路に描くことくらいでしょうか。

最近、ネットの情報に対する世間の信頼度が低下傾向にあるという調査結果を目にしました。フェイクニュースに踊らされる現象がニュースになって知られるようになってきたこともあって、、、ユーザーも少し賢くなってきたのでしょう、喜ばしいことです。

もし出土地点が納得できない方は某調査員をお尋ねください。調査報告書をお見せしマニアックにガッツリお答えいたします。


調査員

(2019年02月19日)

▲このページのTOPへ
第70回十日町雪まつり 1日目
雪像の審査は夜中に行われます。

雪像にとっての最適な時間帯は冷え込む夜。

しかもライトアップされて綺麗にみえるからだと思います。

笹山遺跡広場の雪像は今年ももちろん火焔型土器!

出土品が国宝になったんですからね、これ一択です。


高さ4メートルくらいでしょうか、デカイです。

なんで逆さなのかというと、出土した時の状態がこうだったからです。

しかも底部あたりがなかった(あとでみつかった)。

なかなかのマニアックさです。


深夜0時、見事「ほくほく線賞」を受賞したとのこと。

ここに雪まつりの会場の一つを開いて六年目。ようやく実を結びました!

関係者の皆さんの嬉しそうな笑顔が印象的でした。おめでとうございます!


調査員

(2019年02月16日)

▲このページのTOPへ
笹山縄文カレッジ 火焔型土器チョコ作り 1回目
昨日は、午前中、とてもいい天気でした。

笹山縄文カレッジ「火焔型土器チョコ作り」1回目の開催日だったので、

普段から行いの良い方がどこかに居るのだろうと、僕ではない誰かに感謝しました。

参加15名。

市外からお越しの方も見えまして、賑やかで盛会でした。

最後にはみなさん無事に型抜きできて大成功!

めでたしめでたしです。


それはそうと、お昼前だったせいか、

皆さんの抜いたチョコを見ながら「うまそーだなー」

などと思っているうちに、

参加者様にバレンタインチョコに使う方がいるのか聞くのを忘れ、

パソコンに転送しやすい機器で写真を撮るのも忘れ、

「一体何をしにいったんだろう」と

片付けながら悲嘆にくれて半日を終えました。

今回も、講師の小林さんはじめ伊乎乃の里・縄文サポートクラブさんにお世話になりました。ありがとうございました。

なお上の画像は、天気が良かった別の日の博物館の植物園です。綺麗だなー。。



調査員

(2019年02月04日)

▲このページのTOPへ
優品主義
これから作る発掘調査報告書に載せる土器について考えてるとき、土偶マイムを得意とするある方のコメントがふと頭をよぎりました。

「土偶マイムは優品主義なんだよね」

マイムは見られてナンボなので、見た目重視の優品がいいというわけです。至極ごもっともと思ったものです。


報告書の掲載土器もそうかなという気がします。発掘すると膨大な量の遺物が出てくるので、何かの基準で選別します。

そこで「優品」であることを基準にすることは多いと思います。優品というのは、沢山の破片がくっついて遺存率が高いもの、文様が派手なもの、珍しいもの、それから、その遺物の形がなにかと比較するのに都合がいい、などなど。別の言い方をすれば、「定性的」なのかもしれません。

ただ、優品を選んだだけでは発掘の成果報告としてはどうでしょう。なにがどれだけ出土したのか、ほかと正確に比較できるよう、定量的に示すことも大切です。車の両輪なのです。

石器研究ではある論文の影響からか、1990年代から器種と石材のクロス表が掲載されるようになりました。このお蔭で研究が飛躍的に進んだような気がします。

土器ではどうか。

石器に比べて分類にかかる作業量が膨大なので時間と経費(人件費)がかかります。だからバランスを考えてうまくコントロールする必要があります。もし仮に全部に手を出せないとしたら、どうすればいいのか。

う〜ん。。。

高校の時、統計の授業をちゃんと聞いてなかったことが、今になって悔やまれます。


調査員

(2019年01月27日)

▲このページのTOPへ
京都美術文化賞
笹山遺跡出土の土器をモチーフに陶芸作品を制作されている重松あゆみ(京都市立芸術大学教授)さんが、第31回京都美術文化賞を受賞され、その記念展覧会が開催されるそうです。

 2019年1月18日〜27日 京都文化博物館

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_gallery_hall/exhi_gallery/

「1990年代の「骨の耳」シリーズの作品から現在の「Jomon」シリーズの作品まで約20点の陶立体を展示」なさるとのこと。

笹山の土器がそういう方面にも役立てられて大変うれしいです。受賞を心よりお祝い申し上げます。

ブームとは一線を画し、縄文と芸術が新しい形で昇華する瞬間を目撃できる機会、かも。皆さんもぜひ。

調査員

(2019年01月15日)

▲このページのTOPへ
縄文的チンコロ作り
12月16日の日曜日。

笹山縄文館で「縄文的チンコロ作り」を開催しました。運営は、いおサポ(伊乎乃の里・縄文サポートクラブ)さんです。

「チンコロ」は、うるち米の粉(新粉)の細工もので、犬(チンコロ)などをかたどります。乾燥してひびが入ったら福を招くとされる縁起物。

起源についてはよくわかっていませんが、明治末期のころには作られていたそうで、その後、昭和30年頃になって十日町市袋町で作られたものが節季市で売られたら大ヒットし、今も続いているといいます(上村政基2007「節季市のチンコロとトットッコより)。

秋田県湯沢市の「犬っこまつり」の犬っこが、これとそっくりです。

犬っこまつり
http://akitayuzawa.jp/event/inukko-2018.html

犬っこ
http://www.geocities.jp/necomiraido/okashi/inukko.html


「衝撃的」といえるくらいそっくりなので、ぜひ見てみてください。始めて知ったときは「おっ!」と思いました。

きっと何かがどうかして今の状況になっているのでしょう。始まったのはもちろん十日町の方があと。面白いですね。

縄文的チンコロのほうは、土偶はもとよりイノシシとか馬とか、太陽の塔(!)とか、色んなものがありました。みなさん、和気藹々として楽しげでした。

こちらも楽しませていただきました。

みんなで手を動かして、幸せを呼ぶものを作る。土偶もきっとそうだったんじゃないかな、そんな風に思いました。

満員御礼。ありがとうございました。


調査員

(2018年12月17日)

▲このページのTOPへ
埋め戻し
こないだあるところで旧知の方々にお会いしましたら、

「笹山日記は、「問題」を出しておきながら「解答」が全然アップされないよね〜」

というご指摘を頂戴してしまいました。

巨大生物と題した記事のことのようでした。

そ、そういえば笹山日記には書いてない・・・。


えー、画像に写っている巨大生物はですね、

キノコです。

画像をよ〜〜〜く見てください。

茶色いドーム型のキノコの頭が芝生のなかに幾つも埋もれてます。

で、画面の中央を中心とする直径3mくらいの円周上に

ぽつぽつと生え、並んでいるのが分かるかと思います。

フェアリーサークルなどともいうそうです。


キノコは、その中心から放射状に菌糸を張り巡らせて、

その端部において子実体を形成するのですが、

その子実体が私たちが知る「キノコ」に相当します。

だから、サークル上の範囲内の地面の下には

キノコの菌糸が張り巡らされているわけでして、

仮に直径3メートルの範囲だとすれば、

直径3メートルの生物だといえるわけです。


という解答でした。


それはさておき、先日、笹山の調査区を埋め戻したことを、

これまた報告し忘れていました。

とりあえず、発掘調査は終わり。

これから整理作業・・・じゃなくて、整理等調査に入りたいところですが、都合によりしばらくQ眠です。


調査員

(2018年12月12日)

▲このページのTOPへ
おかたづけ
今日はせっせとお片付けをしました。

現場近くの縄文館に持ち込んだ発掘用具は、もともと博物館の倉庫にあったものなので、持ち帰るわけです。

トラックがないので、バンで運びまして、

・・・

3往復!

ひとりでやり抜きましたが、久しぶりの重労働でした。あちこち痛いです。

最後は出土土器のコンテナやカゴを3階整理室へ搬入、

のつもりでしたが、あまりの重さに「うう・・もう限界っ。」となり、

2階の収蔵室に仕舞い込みました。やれやれです。

先日、朝から目が死んでた50代男子に向かって「最近はいつ見てもお疲れ気味ですね。」と失礼なことを申し上げたのですが、どうも自分もそうなってきたような気がする今日この頃です。

調査員

(2018年11月28日)

▲このページのTOPへ
巨大生物あらわる
で、でかい!

直径3メートルくらいでしょうか。

こんなでかいのは初めてじゃないでしょうか、笹山では。

みてください、左の画像を。

・・・・

ほら、そこ!、そこですよ!


調査員

(2018年10月31日)

▲このページのTOPへ
「ちょっとやれば済む」というニュアンスの単語はやめる方向でいきたい
発掘調査における「清掃」が、本当は清掃じゃなくて薄い掘削だということで思い出したのが「整理作業」。

一般に、発掘調査したあとに行われる報告書刊行に向けた工程を指すのですが、その内容は「整理」という単語からイメージできる範囲を大きく逸脱していまして、個人的にはこの単語の使用を本当にやめたいと思っています。

実際になにをしているかというと、洗浄、注記、接合、仮収納、復元、型式同定、分析、作図、執筆、編集、収納、こんなところです。整理にあたるのはどこら辺なのかというと、洗浄、注記、接合、仮収納まででしょうか?某センターではこれを「基礎整理」といっていたような気がします。

平成25年の発掘調査後、テンアゲした土器・石器2万点くらいの洗浄と注記をしたら、6人か7人で6ヶ月かかりました。これを聞くと普通の人は驚きますね。僕も驚きました。加えて接合となると、さらに数ヶ月を要しますから、基礎段階だけでだいたい1年を要することになります。

ここからさらに復元、型式同定、分析、作図がありますが、これまた途方もない時間がかかります。5万点を扱った前回は通算3年くらいかかったとおもいます。

ラインの太さに強い制限があるからというのもありますが、とにかく「整理」という言葉ではとても済まない内容と量です。なにかいいことばがないだろうか、いつもそう思っています。

調査員

(2018年10月29日)

▲このページのTOPへ
綺麗なお現場さんは好きですか
金曜日は空中撮影のために清掃しました。

発掘現場でいう「清掃」はお部屋やお庭のそれとは一味違います。

単純にホウキでぱっぱすることをいうんじゃなくて、

表面の土を全部削っていきのいい土を露わにすることをいいます。

だから「全面清掃」という声がかかると作業員さんたちは「うぎゃー!」と戦慄します。大変なのです。

まず、ブルーシートを全部剥がして、土嚢を全部どけます。

これでどのくらいの時間がかかるかというと、6人で2時間です。どけるだけで2時間です。500個くらい動かしました。

そこからさらに全部削るのに、3時間。合計5時間です。

それと、削るってことはその分だけ表面がなくなる=形が変わるわけですから、遺構の形も変わりますし、標高値も当然変わります。「清掃」は普通の感覚でいう清掃で済まない、現場にとっては、そりゃあもう大変なことなのです。

で、朝からほとんど休みなしでこなした清掃は、午後2時ころになんとか終わり、無事に空中撮影に臨むことができました(めでたしめでたし)。

ちなみに、空中撮影とは、空中を撮影することではなくて、上空から撮影することです。業界では略して「クーサツ」といいます。

撮影開始の間際、米沢から来たという業界人がふらっといらっしゃいました。


 米沢「すごいですね、お昼もやるんですか?」

 十日町「いやまさか、今日だけのスペシャルです。実はクーサツなんです、これから。」

 米沢「ああそうでしたか、クーサツの時はそんなもんですよね。」


わかってくれて嬉しい!さすが米沢さん!(関係ない)


調査員

(2018年10月26日)

▲このページのTOPへ
現地説明会は見送りになりました
明日は空中撮影の予定。

忙しい。

もういっぱいいっぱいです。


そんななか、28日に予定していた現地説明会は、

諸般の事情により見送ることになりました。


見つかっちゃったからかな、トレンチの中で分層中に倒れていたのが(うそ)


調査員

(2018年10月25日)

▲このページのTOPへ