Tokamachi City Museum

Japanese
Site Map
Inquiries

笹山日記|十日町市教育委員会

HOME > 笹山日記
笹山日記

2017年08月 (4) 

2017年07月 (4) 

2017年06月 (10) 

2017年05月 (3) 

2017年04月 (3) 

2017年03月 (5) 

2017年02月 (11) 

2017年01月 (5) 

2016年12月 (5) 

2016年11月 (8) 

2016年10月 (4) 

2016年09月 (6) 

2016年08月 (9) 

2016年07月 (6) 

2016年06月 (8) 

2016年05月 (5) 

2016年04月 (7) 

2016年03月 (25) 

2016年02月 (25) 

2016年01月 (21) 

2015年12月 (20) 

2015年11月 (20) 

2015年10月 (22) 

2015年09月 (20) 

2015年08月 (21) 

2015年07月 (20) 

2015年06月 (18) 

2015年05月 (16) 

2015年04月 (21) 

2015年03月 (27) 

2015年02月 (22) 

2015年01月 (22) 

2014年12月 (20) 

2014年11月 (22) 

2014年10月 (23) 

2014年09月 (23) 

2014年08月 (22) 

2014年07月 (24) 

2014年06月 (24) 

2014年05月 (22) 

2014年04月 (22) 

2014年03月 (24) 

2014年02月 (23) 

2014年01月 (19) 

2013年12月 (20) 

2013年11月 (12) 

2013年10月 (25) 

2013年09月 (16) 

2013年08月 (6) 

2013年07月 (12) 

2013年06月 (8) 

2013年05月 (1) 

もっさもっさ 栽培記録
ささやまの縄文畑はこのとおり。

手前の枠が、ヤブツルアズキA群。最初に耕してから植えた方。ただし左半分は、ツルマメです。

右奥で見切れている枠が同B群、草取りもせずにそのまま植えた方です。草取りも耕しもしなかったので、もとから散らかっていたヤブツルアズキが混在しています。

現状では、A群もB群もほぼ同様の育ち。いやむしろ、B群のほうが元気なくらいです。それもそのはずで、B群は、人為的に植える前から散らかっていた種が芽を出していたので、スタートが違っていました。

周囲の草が伸びてくると日光が遮られますが、それに負けじと伸びて、伸びていく周囲の草に絡みついて一緒に上へ向かうことができたわけですから、当然ながらあとから植えたものよりも優位な環境を手に入れてきたのです。

A群は絡みつく相手がいない分、日光を独占できたので、成長は早かった。でも、周囲に絡みつくものがなかったので、最初は横へ横へとツルを伸ばしていき、地面で次第に密生してしまいました。結果、立てておいたピンポールにたどり着いて上に向かうまでの間、自分たちの葉で自分たちの日光を遮ることに。自縄自縛ならぬ自ツル自縛。いや、自爆か。

こうしてみると、ヤブツルアズキがまったく分布していない広場で始めたこの畑は、1期目こそ草取りをしてから植えた方がよくそだちましたが、2期目はそうではないかもしれません。

2期目は、最初に雑草を取るか取らないかよりも、適度な密度と、それぞれが巻きつける支柱のほうが大事ということがわかります。人為的に立てておくか、周囲に背の高い草が生えてくれる方がいいのです。

そもそも自然に散らかってしまった種は、土ごと除かない限り回収不能だから、勝手に生えてきてしまいます。もし生えてくるとわかっていたら、さて、採集した種を再度植えるなんてことは、するのでしょうか。

草取りをした方だって、耕した時の土を脇に退けておかなければ草取りをしない方と同じように生えてきてしまいますしね。

う〜〜〜〜ん。謎は深まるばかり。

ちなみに、縄文館にほったらかしにしておいた昨年のヤブツルアズキの種。

この1週間ほどの間に虫が大量に湧いてきて大変なことに。

笹山遺跡の草刈りをしている大先輩にこの話をしたらこういいました。

「ほれ、ひょうたんに入れるとか、ゆうごう(夕顔)にいれるとかして、キュッとしめる。それに日の当たらねーところに置かなきゃダメだ、そら。あと、日干しもちょくちょくしんきゃねこっつお。」

とのこと。

そういえば封筒に入れている方は、まだ虫が湧いてない。きっと、空気と、湿度と、光を最小限にしておく必要があるということなんだと思いました。

勉強になるなあ!

それから、ふと、食べられた部分の形状を見ていたら、そういえばこんな形の圧痕は、土器にもあるんだろうか。聞いたことないな。と思いました。

縄文人は、もし虫が湧いてしまったとき、どうしたんだろう。すくなくともそういうマメを土器には混ぜなかった、のかもしれない。虫の湧いたマメは土器に入れないのだとすれば、これは、一種のタブー(禁忌)だと思ったりするわけです。でました、新説。


調査員

(2017年08月21日)

▲このページのTOPへ
夏休み親子自由研究サポート 縄文土器をつくろう! 2日目
今日はひたすら暑かった。

「本当に倒れるときって、こんな日かもしれない。」

人生で初めてそう思いました。


サポートの2日目。

土器焼き&自由研究の締めくくりの日です。

ローテーションで火と土器の面倒を見るという策がうまくいき、

みんなが暑さを避ける時間が作れたのは良かったのですが、

でも自分のことを考えていなかったのは、良くなかった。

倒れなかったのは幸運としかいいようがありません。


土器は全て上手に焼けました。

それと土器鍋も「それっぽい」味に満足。子供たちもおかわりしまくり。

ボランティアの方々が、何日も前から準備してきたものです。

大変ありがとうございました。


自由研究は、本日の工程の記録を行ってから、

土器の計測、鉱物(胎土)の観察、略図作成。

研究の最初の最も大事な部分「観察」を重視したかったからです。

ここまでで、土器作りの全工程と、観察が終了。

あとは、「研究ノート」に書いたもののなかから種々抜粋して張り合わせれば「壁新聞」になりますし、

書いた順で文章を連結していけば「レポート」になります。


最後、「サンプル」として僕が作った壁新聞を掲示しました。

レベル的には研究ノートを全然かかなかった子供向けの、ほぼ「最低レベル」のものです。

だから今回の参加者が書いてきた研究ノートの内容の方が断然高いレベルだったことを、言い添えておきました。

もし真似されたら全てが水の泡だからです。

へー、と言っていた皆さん。しばらくするとなぜかスマホで撮影しはじめ・・・・

ここであまりにも心配になり、「こんな程度の低いものは、絶対に真似しないでくださいね!」と強調。

大丈夫だろうか・・・。

ともあれ、誰も怪我せず、無事に終えることができました。

笹山遺跡ボランティアの方が2名、いおサポの方が1名がお越しになりました。

それから、一般の方が、お茶の差し入れにくてくださいました。

みなさんに、感謝。


調査員

(2017年08月20日)

▲このページのTOPへ
夏休み親子自由研究サポート 縄文土器をつくろう! 1日目
今日は「サポート」1日目。

参加者数は以下のとおり

 工作のみ 子ども2名 + 保護者1名 =3名

 工作+研究 子ども4名 + 保護者3名 =7名

飛び入りの方もいらっしゃったので、

予約よりちょっと増え、にぎやかになりました。

この企画は「親子参加」ですので、参加人数は3名+7名で合計10名です。


サポートは今年でもう4年目。

設計図を先に書いてもらうパターンは昨年からはじめました。

土器を観察するということと、イメージを具体化することとの両面で学習するものです。

設計図と自分の作品とが相違するのは普通のことでして、なぜ違ってしまったのかを考えるきっかけを与えてくれるいい教材です。

また、これは研究の大事な過程でもあります。

研究をしたことがある人なら誰でも分かっていますが、一度や二度の失敗は一里塚。失敗をしなければ進めない道がある。

でも、一里塚にすぎないことが子どもにはまだ実感として理解できないので、失敗に落胆して心が折れかける子が、たまにいます。

見ていてちょっと気の毒になります。

そんなときは保護者さまの出番です。

もしも最近口をきいてくれない娘さんであればなおさら、

なおさら助けてあげて欲しいと思ったりします(大きなお世話)。

「サポート」は親子参加なのです。


さて。

この企画も、何度も繰り返すうちに、僕の課題だった自由「研究」の導き方に、

やっと一定の形ができたような気がします。

あまりにも自由だった1年目に比べて、子どもの選択肢はだいぶ狭くなりましたが、

「研究」としての意義の低下を最小限にとどめる道をやっと見つけた気がするのです。

毎年頭を抱えていたのが嘘のようです。

土器作りを自由工作ではなく自由研究の真ん中に据える道は「実験考古学」でした。


今日もまたお手伝いをいただきました。

笹山遺跡ボランティア1名、いおサポ1名、一般の方1名、計3名が

この時期に、たいへん忙しい時間をやりくりしてお手伝いに来てくださいました。

本当にありがとうございました。

8月20日は土器焼きです。研究に参加する人は、土器なべ試食付き。

土器作りも実験なら、土器を使った料理も実験です。

どんな味にしてくれるのか、いまから楽しみです。


調査員A

(2017年08月06日)

▲このページのTOPへ
「大人の土器作り」の募集が始まりました。
笹山縄文カレッジ「大人の土器作り」。

合計4日間ある長丁場企画です。

土器なんてちょいちょいちょいっと作れる、

そんな風に思う方も世の中にはいらっしゃるようで、

時折、そういう雰囲気の質問を受けたりしますが、

実際は最低でもこれだけの日数がかかります。

土器作りを通じて、きっと縄文人の手わざの巧妙さ、

その匠っぷりに感動できることでしょう。


講師はかつて文化財課でも働いていた桾沢さん。

十日町市内では、僕の知る限りおそらく最高の作り手のひとりじゃないかな、と思います。たぶん。

僕としても、大変楽しみなわけです。


個々人の参加日程や時間は、4日全部とはいかなくても、

若干の融通を利かせられるかもしれません。

土器作りに興味があるけど、日程が・・・という方はとりあえずお問い合わせください。

お待ちしています。

調査員

(2017年08月04日)

▲このページのTOPへ
縄文女子参加型調査
調査員の阿部です。

市民参加型調査を学術研究に接続する試みが増えてきている、そうですね。

戦う学芸員Tさんが紹介していました。
https://blogs.yahoo.co.jp/rekitomo2000

 朝日新聞さんの該当記事↓
 (夏休み 科学体験:中)観察で「調査」に加わろう
 http://digital.asahi.com/articles/DA3S13057546.html?rm=150

川を遡上してくるうなぎにとっての好適環境をしらべるものや、

自宅周辺の鳥や虫の生息状況を調べるもの、

その他もろもろ。

記事の中では、市民に居住地周辺の生態学的にミクロな、局所的な環境を調べてもらって、これを広範囲に収集することで統計をとったり、広域的傾向を把握したりするのに使うことが紹介されています。

笹山でもこのタイプの研究をすでに行っていて、土器の圧痕調査がそれに該当します。

縄文遺跡はとてもたくさんあるので、研究者が一つ一つ当たることは現実にはかなり難しい。でも各遺跡の近くに住む人やそれに携わっている人たちがデータ作成を行い、それを各地からたくさん集めることができれば、大きな傾向を把握することができるようになります。

笹山ではパレオ・ラボの佐々木由香さんの指導をいただいてます。まえから佐々木さんの指導のもとで全国各地に「圧痕部」的なものが結成されていてデータ作成を行っていますから、その一部、ということができます。市内にはほかにも「古文書整理ボランティア」や「いしぶみの会」という団体もあり、ほかにもありますが、いずれも素晴らしい実績を持っています。これらも市民参加型調査です。

このような研究体制は本職の研究者を頂点とするピラミッド型の構造ですから、上記記事にあるように、専門的な同定や分析、論文作成の高いハードルが課題という認識も生まれてくることでしょう。

ただ、それはあくまで学術研究の文脈の話です。あるいは調査を通じて「科学」への理解を深めたいという学術方面の思惑から来る認識ではないでしょうか。市民にとっての利益は、文脈がちょっと違うような気がします。

市民の利益は、自分たちの社会・文化を自分たちの力で明らかにしていく「活動に関わること」から来るもので、結果だけではないように思うのです。

調査活動に参加することで自分の属する共同体社会の成り立ちを知る、明らかにするだけでなくて、あるいはそれ以上に、一連の行為を通じて社会への関心を深め、誇りや愛情、連帯・相互扶助の意識などを育むことにつながる、ということ。個々人が意識するかどうかはわかりませんが、それは共同体社会にとって利益となるのではないでしょうか。

あまりいい例えが思いつきませんが、「お祭り」がわかりやすいでしょうか。
地域のお祭りって、本当は神社の神事・祭礼のはずですが、お祭りに来ている人の多くは露店とか村芝居とか花火とか山車の引き回しがお祭りそのものだと思っています。そういう外部の、ど真ん中ではない部分、核心からはズレた部分が共同体を形成する本質であり、またお祭りが継続される理由だといったら、怒られるかもしれませんけど、大きくは間違ってません、たぶん。

市民参加型調査は、別にお祭りのように何か勘違いしているわけではありませんが、みんなで一緒になって社会・文化の大事なことに関わっているということに重要な意味があるように思います。学術的に重大な発見がなくても長年継続している団体もあります。その継続の底に、そうした市民としての利益があるんじゃないかと、思っているわけです。

ところで、タイトルの「縄文女子」。

先日、笹山遺跡ボランティアのメンバーが地域の新聞の「10代のまなざし」というコーナーに掲載されました。笹山縄文館まで取材にこられていた記者さんが「イベントの取材もできて、このコーナーの取材もできて一石二鳥イエイ!」と言っていたかどうかは別として、こうして取り上げて頂けて、本当に嬉しいものです。

彼女もまた市民参加型調査で、この地域のとても古い文化の解明に、楽しみながらもしっかり協力してくれる、心強いメンバーのひとりです。多謝。


阿部

(2017年07月28日)

▲このページのTOPへ
アズキの芽が出ました
調査員の阿部です。

本日は圧痕部の日。

午前午後ともに1名の方がボランティアにお越しくださいました。

ありがとうございました。

畑の方は、ヤブツルアズキがすくすくと成長しています。ただいま数センチ。

画像は、対照実験のA群、草取りをしてから植えた方です。

植えた場所以外からもたくさん生えていました。きっと昨年の秋に自然と散らばった種子たちでしょう。

これらは(かわいそうとは思いつつ)抜いてきました。出る杭は打たれる。南無。

他方、草を取らずにほぼ蒔いただけのB群はどうかというと、

・・・

なんと、植えた種子と自然に散らかっていた種子とが混在し、わけのわからない状態になっていました。

草に巻きついて背が高くなっている方はたぶん自然状態の方。

そして植えた方はまだ数センチ程度の長さのはずですから、草に隠れて見えないのでしょう。

自然状態の方は抜く方がいいかもしれませんが、草に巻きついているのを抜けば、草ごと抜けて環境が変わりますから抜くのもどうか。

抜く作業中に草の下の芽を踏み荒らすことも予想されます。

早くも対照実験が崩壊しつつありますが、もとよりユルイ実験です。

ゆる〜〜〜く見守っていきたいと思います。


阿部

(2017年07月09日)

▲このページのTOPへ
ガラス鏃
調査員の阿部です。

1980年代に流行ったという「〜族」。

竹の子族とかカミナリ族とかあったそうですが、

それぞれ何を指すのか僕もよく知りません。


と、そんなことはさておき、

笹山縄文カレッジで秋に予定している「ガラス鏃作り」の準備を始めました。

ゾクはゾクでも、金へんが付くゾクは、

「鏃」と書いて「やじり」と訓じます。


まずは本当に作れるのか、という実に基本的なところから。

やってみてわかったことは、石器よりも面倒な部分がある、ということでした。

今回はクリープのが瓶底を使いました。いい色ですね。

個人的にはピンクとか可愛いかもと思うのですが、見つからないですね、ピンク。

だれかピンクの瓶を知ってる方、情報をお待ちしています。


今日は午後から圧痕部の活動がありました。

現在のところ、まだ圧痕が見つかっていません。少ない遺跡であることはもう間違いないでしょう。

でも「少ない」、というのは何がどの程度少ないのか。

定量データの比較、、、、ため息がでます。

本日は、午後3名のかたにお越しいただきました。ありがとうございました。


阿部

(2017年07月08日)

▲このページのTOPへ
サポート準備
調査員の阿部です。

毎年悩む、夏休み自由研究サポート。

何が悩ましいかというと、

ニーズの幅広さに対してどこまで答えるか、です。

観察記載するのも研究だし、

その先の、仮説検証するのも研究。

個人的には、もちろん後者が面白いと思いますが、

前者も、とっても大事なことでもあるんです。

でも、時間に制限があるので、内容も無制限には、、、

というわけです。

今日はお手伝い下さる伊乎乃の里・縄文サポートクラブの方々といっしょに

縄文館で用具を点検しました。

よくみると、縄文原体(縄)に数種類ある。若干複雑なものも発見。

縄にも、いろんなより方があるんです。

より方の違いによって、土器に押し付けて転がした時の模様に違いが生まれます。

縄文人はこれを区別していました。

「ねえ、原体の説明は・・・・どうしましょうか?」

と言ったら、おひとりは目をそらし、おひとりは「あははは」という乾いた笑いくださいました。


阿部

(2017年07月07日)

▲このページのTOPへ
「サポート」の募集が始まります
調査員の阿部です。

笹山縄文カレッジの一環で毎年行っている企画、

「夏休み自由研究サポート 縄文土器をつくろう!」を、

今年も開催します。


今回もまた計2日間参加必須。

1日目に土器を成形して、2週間後に焼く。これが基本。

ですが、今年は「工作」だけの人と、作るだけじゃなくて「研究」もする人とに分けることにしました。

工作の方は、両日とも昼までに終わります。さっと作ってさっと帰る。うん、潔し。

研究する人は、昼食後、僕を含めてみんなで一緒に。

今回のプログラムでは、成果内容はリポート(報告)が多くなるかもしれません。

でも、仮説検証タイプの研究も、設定する課題によってはできると思います。

どちらであっても、探求することの楽しさを伝えたいと思います。

親御さん共々、みなさんのチャレンジをお待ちしています。


阿部

(2017年06月30日)

▲このページのTOPへ
笹山縄文カレッジ 古代糸作り
調査員の阿部です。

今日は「古代糸作り」を開催しました。

10名の方にお越しいただきました。

かなりマニアックなイベントと自負していたので、

その人数に少し驚いてしまいました。

でも、参加者の皆さんには楽しんでいただけたようで何よりでした。

カラムシとアカソ。その性質ゆえの扱いの違い、製品化への苦労、そういうところを体験していただけたと思います。

体験中、お口は暇なので様々なお話で盛り上がりました。

最後に用意していたワンポイントガイドは、

盛り上がっているなかでほとんど話してしまったというハプニングもありましたが、

それでもみなさん熱心に聞いてくださってありがたかったです。

一部参加者様が、アンギンの袖なしや網み台などの道具をご持参なさっていて、説明に色を添えて下さいました。

参加者みんなで作り上げた感のある、いいイベントになりました。

「またやって欲しい」

最後にそんな声を頂戴しました。ありがとうございました。


阿部

(2017年06月25日)

▲このページのTOPへ
チャームが焼けた
調査員の阿部です。

明日の準備をしました。

ボランティアさんの研修も合わせて実施。

午前午後ともに2名の方にお手伝いいただきました。多謝。


懸案だったチャームは、乾燥が足りなかったのか、焼いている最中に不吉な音が・・・

 ポンっ!

 ポンッ!

その度に「ああ・・・」と落胆。

でも、めちゃくちゃ熱い焚き火をかき分けかき分け、

なんとか人数分は見つけ出し、確保できました。ああよかった・・・。

やってみなくちゃわかんない。大実験。

今年は実験イヤーになりそうです。


阿部

(2017年06月24日)

▲このページのTOPへ
なんだ、これは!
調査員の阿部です。

アカソをバシバシ叩いてきました。

別に鬱憤がたまっているからとか、

鬱憤がたまっているとか、

鬱憤がたまっているとかいうわけではありませんが、


なんとなく叩いてみたわけです。

で、今回も前回と同じ結果がでました。

結構、ボロボロって感じになるということです。

「おかしい」

というのも、色んなサイトやうちの博物館の展示物を見るに、

アカソの繊維の感じは割と細くて、まとまっていると「ふわっ」として見えるんですね。

画像は博物館の展示物です。どうですか。

ところが、我々がとってきたアカソをガンガン叩くと・・・ボロッ・・・。がーん。

考えられる理由は、まだ若いとか、乾燥の時に直射日光がよくない、かなーと思いつきますが、よくわかりません。

でも、とりあえず強くたたかなければ繊維は取り出せるし、撚って糸もつくれます。体験ワークショップに問題はありませんが、どうも納得がいかない。そういう気分です。

これから夏まで随時刈取りを行って、試行錯誤してみたいと思っています。

阿部


(2017年06月23日)

▲このページのTOPへ
圧痕部もイベント準備も大忙しの巻
調査員の阿部です。

今日は笹山遺跡ボランティアの日。

朝から夕方まで時間をフルに使って大忙しでした。

最初は、圧痕部。

といっても今日は圧痕を取るんじゃなく、、

ヤブツルアズキとツルマメの種植えです。しかも耕すところから。

縄文畑、再び。

昨年度同じく、草取りをする管理栽培のA群と、放置するB群の対照実験です。

昨年の栽培実験の結果から、あきらかにB群の育ちが悪いことがわかりましたが、

他方でA群もモーマンタイではなく、密生しているために折り重なってしまったり、虫にやられたり、色々と大変でした。

野生種をいきなり管理するといろんなことが生じることがわかったわけです。

率直な感想としては、管理するにはそれなりの手間と時間がかかることと、それにたいして期待したほど量が採れない、ということ。

栽培のことはいろいろわかったので、今年はA群とB群の子孫の変化を見ることにします。

1世代で変化が見えるわけないとは思いますが、「何事もやってみるべし」、の精神です。今年の座右の銘です。

作業の二つ目は、6月25日(日)に開催する「笹山縄文カレッジ 古代糸作り」の準備でした。

メンバーの一人に大量に採集してもらったアカソから葉を取って茎だけにする作業。

めちゃくちゃ地味で単調な作業です。

面倒臭がりの私は、作業のいちいちにおいて「縄文人えらいね、縄文人すごいね」、そう思ってしまいます。

作業の3つ目は、古代糸作りの際につける「チャーム」の製作。なんと手作りです。

少し前にこっそり作っておいたのですが、アクシデントがあったので作り直したのです。

今日は大変な日となりましたが、午前午後ともに遠隔地から2名のボランティアさんが駆けつけてくれました。多謝。

阿部

(2017年06月17日)

▲このページのTOPへ
ばしばしばしばし
調査員の阿部です。

6月25日開催予定の「古代糸作り」。

ただいま鋭意準備中です。

初めての企画のなので、

いちから準備をしているわけですが、

ひとつひとつにいちいち発見があって面白いものです。

先日、乾燥したアカソで糸を作る実験をして、これも面白かった。

「ただひたすらに叩くだけ・・・」

そう風に教わっていたので、

そうだ木魚を叩くお坊さんになりきろう、、、

そうだついでに昔覚えたお経を唱えてみようか・・・

などと楽しく妄想していたのですが、

なんの。

やってみたらそうでもないことがわかりました。

適当にバシバシ叩くと繊維がブチブチに切れちゃうんです。

打撃する場所を選んで強さを加減して打たないといけないんです。

目をつむってお経を唱えられる状況じゃありませんでした。

でも、「どんなに強く叩いても大丈夫」などと報告していた某ブログの記事は嘘だということがわかりました。

簡単に普遍化してはいけません(どこかで聞いたような)。

なんでもやってみるもんです。

今回の実験は「いおサポ」(伊乎乃の里・縄文サポートクラブ)の代表さまにお手伝いいただきました。

感謝。


阿部

(2017年06月16日)

▲このページのTOPへ
第18回笹山じょうもん市2017 その3
調査員の阿部です。

肝心の入れ込み客数を公表するのを忘れていました。

 じょうもん市全体の総数 3,300人
 
 笹山縄文館3階(文化財課ブース) 312人

 笹山縄文館3階の内訳:
 
  クイズラリー162人、土偶消しゴム100人、ふらっと来た人50人

じょうもん市全体の総数は過去最高を記録し、縄文館3階も同じでした。


阿部

(2017年06月04日)

▲このページのTOPへ