十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

指定文化財|十日町市博物館

HOME > 情報アーカイブズ > 指定文化財

情報アーカイブズ|遺跡

情報アーカイブズ|指定文化財

情報アーカイブズ|出版・刊行物

雲板
雲板
雲板(うんぱん)とは、禅寺などで合図に打ち鳴らす雲形の楽器で、青銅や鉄で作られています。

本雲板は長径37.5cm、短径33.5cm、蓮華打鐘座4.7cmです。表に、安養山洞泉禅寺云々 康生二年八月十六日、とあり、また裏には、頸城郡松之山室野村 鶏足山洞泉禅寺云々 寛政二年八月吉祥日再鋳、とあります(康生2年は西暦1456年、寛政2年は1790年)

安養山洞泉寺は、もと鼻毛峠の池畔にあり、1615年(元和元年)に室野に移り、1692年(元禄5年)に現在地に堂宇を建てたのち鶏足山洞泉寺と称しました。再鋳とはいえ、室町時代以降の寺の山号の変遷を示す貴重な資料です。

1960年(昭和45年)に旧・松代町の文化財に指定されました。

(1) 種別 十日町市指定有形文化財(工芸品)
(2) 名称(読み) 雲板(うんぱん)
(3) 記号・番号 工・第3号
(4) 所在地 十日町市室野1985
(5) 所有者 洞泉寺
(6) 指定日 1960年(昭和45年)8月7日


洞泉寺




鼻毛峠


▲一覧へ戻る