十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

指定文化財|十日町市博物館

HOME > 情報アーカイブズ > 指定文化財

情報アーカイブズ|遺跡

情報アーカイブズ|指定文化財

情報アーカイブズ|出版・刊行物

木造聖観音立像
木造聖観音立像
桃山〜江戸時代前期の作品です。

像高33cmで、ロウソクの煤によって細部が分からない状態です。左腕のみ屈臂(くっぴ)している。顔面と衣紋は判別できません。

台座の裏側に作者と思われる墨書(下記))があります。

 コンリョウシ奉 南海行人

コンリョウは「建立」の意と推測されます。
また、像と台座を結ぶ立柱の4面にも墨書があります(以下、正・左・右・裏の順)。

 観音サイシキシ南海
 サイキシ南海
 午ノ七月七日南海
 サイシキ南海

サイシキシは「彩色師」、サイシキとサイキシは「彩色」の意と推測されます。

1991年(平成3年)2月1日に旧・松之山町の文化財に指定されました。

(1) 種別 十日町市指定有形文化財(彫刻)
(2) 名称(読み) 木造聖観音立像(もくぞうしょうかんのんりゅうぞう)
(3) 記号・番号 彫・第9号
(4) 所在地 十日町市松之山中尾981-1
(5) 所有者(管理者) 中尾観音堂
(6) 登録日 1991年(平成3年)2月1日



▲一覧へ戻る