十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

指定文化財|十日町市博物館

HOME > 情報アーカイブズ > 指定文化財
スミぬり
スミぬり
松之山湯本に伝わる小正月行事です。

この日、正月に飾られた門松やしめ飾り、神棚の古札、書初めなどを持ち寄って、雑木と稲わらで高い塔を作り、古式に則り、火打ち道具で火をつけ、賽の神を行います。この日が燃え尽きる頃、灰を雪と混ぜあわせて炭を作り「おめでとう」といいながらだれかれとなく顔に塗りつけて回ります。無病息災、家業繁栄を祈る素朴な行事ですが、松之山地域の奇習として広く知られています。

 平成3年(1991年)2月1日に旧・松之山町(現・十日町市)の文化財に指定されました。

(1) 種別 十日町市指定無形民俗文化財(風俗慣習)
(2) 名称(読み) スミぬり(すみぬり)
(3) 記号・番号 風第2号
(4) 所在地 十日町市松之山湯本
(5) 所有者 湯本地区
(6) 登録日 平成3年(1991年)2月1日


▲一覧へ戻る