十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

指定文化財|十日町市博物館

HOME > 情報アーカイブズ > 指定文化財
蒲生城跡
蒲生城跡
標高377mの尾根上にある、南北朝時代〜戦国時代の山城です。

築城年代をはじめ過去の使用履歴等については一切わかっていませんが、交通監視などの役割を担った可能性があります。

東に下る狭い尾根に4条の空堀があります。西は深さ12mと3mの2条の空堀があり、北側の魚沼道に面した深さ7mの空堀2条の下に割く平地、その下に深さ5mの空堀があります。

1960年(昭和45年)8月7日に旧・松代町の文化財に指定されました。

(1) 種別 十日町市指定有形史跡
(2) 名称(読み) 蒲生城跡(かもうじょうあと)
(3) 記号・番号 史・第2号
(4) 所在地 十日町市松代蒲生字本城
(5) 所有者(管理者) 犬伏区
(6) 指定日 1976年(昭和51年)1月10日


▲一覧へ戻る